赤外線外壁調査で簡単に外壁の傷みが確認できます。

外壁調査を行う場合には足場の接地やゴンドラの設置などで非常に時間と費用が掛かり、そのためなかなか調査をすることができない実態があります。

また作業を行う場合にも外壁を目視や叩いて確認するなど作業する側にも危険が伴うため、特に高層ビルの外壁などはなかなか調査が行われていない実態がありました。

この団体が推奨する赤外線外壁調査は、壁面に赤外線を照射し壁面の膨張や腐食などを発見する方法で、足場などを使用することなく、また作業員が建物に上る必要もなくなるため非常に簡単に壁面調査が行える方法です。

この方法を使用することで、今まで調査がなかなか行えなかった高層ビルや橋梁などなかなか近づけないところでも簡単に調査することができます。