赤外線で外壁調査なら一般財団法人日本耐震診断協会

外壁調査は特殊建築物等を竣工・外壁改修を終えてから10年後に調査する必要があります。

 全面打診等による調査が主流とされており、マンションやビルなどには、足場を組んだりゴンドラを設置したりしなければなりません。

 外壁調査を行う場合に、足場を組んだり、ゴンドラを設置する費用が大半を占めています。

 一般財団法人日本耐震診断協会は、全面打診等による調査だけでなく、赤外線カメラを使用した赤外線調査を行っています。

 赤外線カメラを使用することによって、足場を組んで壁面を打診する必要がなくなることから、作業時間が大幅に削減するだけでなく、調査にかかる費用も安くすることができます。

 そのため、改修工事が必要になっても、その費用をあてることができます。