外壁(タイル)の赤外線調査・診断

昨今、「耐震」という言葉が有名になりました。

それは東日本大震災以降、建物の耐震強度は非常に気になるものになっていたのが理由です。

新しく建つ建物は耐震基準をクリアしていると思うのですが、過去に建築された建物への耐震は現在の耐震基準に沿っているのかが不明です。

素人が屋根裏に上ったり、外観を見て判断出来れば良いですが、それは不可能でしょう。

自宅の耐震基準が不安な方は一度、プロに調査を依頼するのが良いと思います。

(一財)日本耐震診断協会では、目には見えない外壁(タイル)の赤外線調査を行っています。

赤外線調査方法を使用すれば、足場組やゴンドラ設置が不要なので低コストでの調査が可能です。

出張調査は全国(北海道から沖縄まで)。

お問合せ方法は、電話・FAX・メールの3つの方法から可能です。