外壁調査の方法とメリットデメリット

外壁調査を行う方法には、直接壁を叩いてその音で浮きを確認する打診法と、赤外線で壁面の浮きを確認する赤外線調査があります。

打診法は古くからおこなわれている方法で実際に壁面を叩くため音で浮きを確認でき非常に正確ですが、足場の設置などがあり費用が高額になるため最近ではあまり行われていません。

赤外線調査は天気の良い日に赤外線カメラで外壁を撮影し、その色の変化で外壁の浮きを確認するものです。

足場が不要でカメラで撮影するだけなので調査期間も短く費用も足場の設置が無いので安価なのですが、離れたところから撮影するだけなので誤差が大きく、その判断には経験が必要な調査方法です。

どちらを採用するかは一長一短ありますが、最近では赤外線調査が作業員の危険も少ないため主流になっています。