壁の診断は赤外線調査で行うことができる

近年、外壁の診断を行うツールとして、赤外線カメラを使った調査方法が出てきました。

これは、従来の足場を組んだりゴンドラを使って壁面を叩いたりする作業が不要で、赤外線カメラを使って外から撮影することによってタイルの浮きなどを診断することができる方法です。

ですから、もしみなさんがそろそろ外壁の診断をしなければならない時期になっていたとしたら、従来の方法ではなくこの赤外線調査を行うことにより、足場を組む費用や労力、そして外壁を叩いた時に出る騒音の問題など、さまざまなデメリットを回避することができるのです。

特に、中に常に人がいるビルなどは騒音の問題は意外と重要ですので、余計な問題を増やさないためにも赤外線調査を利用してみましょう。